アファメーションとコンフォートゾーンを用いたタイムリープのやり方

訳の分からない用語ですが、心理学用語です。

これらを利用してタイムリープをする方法

アファメーションとは

ポジティブな文章を声に出して言うことで、思考をポジティブにし理想に近づくための行動力を上げる方法です。

例えば「私は姿勢が良い」と言い続けると、脳が姿勢を正すことが当然であると考え、現実の姿勢も改善されていくということです。アスリートのイメージトレーニングにも利用されているとか。

 

コンフォートゾーンとは

自分がストレスや不安を感じることが無く安心して過ごせる環境のことです。今自分がストレスを感じるような環境にいるのであればそれは「コンフォートゾーンから外れた状態」であり、逆にストレスが無く快適であれば「コンフォートゾーンに入っている状態」ということになります。

 

そこでタイムリープの方法ですが成功者によると

・「~年~月にタイムリープした」とアファメーションを実施する(気持ちいい・心地よいなど付け加えるのも効果的)

・タイムリープすることをコンフォートゾーンに設定する。つまりタイムリープしていない現実が異常で不快だと感じるようにする。

・実際にタイムリープするきっかけは特定のものではなく、ふとした瞬間にタイムリープが起こる

成功者の話ではこの方法で、数分~数時間程度の短いタイムリープを複数回経験しているとのこと。数年単位でのタイムリープは現実が大きく変わることになるので、精神的にそれを気持ちよく受け入れることが難しく、まだ成功できていないようです。

この方法は具体的に何か実践することが少なく、ほとんどが精神的なものに頼ることになるため、簡単なようで難しいですね。マスターすれば好きな時、好きな時代に行けそうでとても夢が広がる方法なのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です