パラレルワールドへ移動する方法「飽きた」

過去や未来ではありませんがここではない別世界に行く方法です

やり方はとても簡単です

1.まず5cm×5cmの正方形の紙を用意します

2.紙の中央に黒いペンで大きく六芒星を書く

3.六芒星の中央に赤いペンで「飽きた」と書く

4.その紙を持って寝る。または枕の下に敷いて寝る

5.翌朝紙が無くなっていると成功。日常に何か変化が起きています

※成功のためにはこの世界に心の底から飽きていることが重要

 

某掲示板で体験談も多く、成功前に以下のような前兆があるらしいです

・寝る前に重低音のような耳鳴りがする

・明晰夢をよく見るようになる

・寝ているときに幽体離脱するようになる

・幽霊?のようなものが見えるようになる

・幽霊?のようなものが紙を持っていこうとする。そのため紙を手に持っている場合は手を引かれる、枕の下に敷いている場合は体をどかそうとしてくる

 

移動先の異世界についても色々な体験談があり、寝ている間だけ移動する精神のみの世界(同様に精神を飛ばしている他人と会話可能)であったり、今現在の世界とほぼ同じだが微妙に街並みや時事内容が異なっている別世界の場合があるようです。別世界からこの世界に来た人の話だと、旧世界では紙幣が縦向きに印刷されていたとか

簡単にできる方法ですが、体験を聞いてみると結構怖い内容が多いですね…まぁ異世界に行こうとしているわけですから異世界生物(幽霊?)と何かしら接触があるのも当然と言えば当然かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です