相対性理論で未来に行くことは可能なのか

よく聞くけどよくわからない相対性理論、果たして未来に行くことは可能なのか

詳しい学術的な事は置いておくとして、相対性理論では

・物体の速度が光に近づけば近づくほど時間の進み方が遅くなる

・重力が少ないほど時間の進み方が遅くなる

 

とされています。よくSFでは宇宙旅行から帰ってきた船員が浦島太郎状態になっていたりしますね。相対性理論で実際どれくらい遅れるか計算できるサイトがありました。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228694

こちらの結果を参考にすると光の速度で動いた場合、動いている人に対して静止側は約4倍の時間が流れるようです。仮に今後科学が発展して、光の速度で動く乗り物が発明されたとすると、その乗り物の中で1年過ごせば外では4年の月日が流れているというわけですね。

未来への一方通行しかできないし、タイムトラベルというよりはアンチエイジングのような感じですが、理論上は未来へ行くことができるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です